室戸の観光

  • 室戸の観光
  • 空海縁の地

室戸世界ジオパークセンター

東部博 室戸・東洋エリアパビリオン

平成27年4月29日オープン!
室戸ジオパークがもっと楽しくなる。そんな場所が誕生します。まずは、室戸世界ジオパークセンターで、ジオパークの楽しみ方や観光情報をチェックし、室戸の大自然の中での体験プログラムやジオツアーに出かけましょう。

■所在地/室戸市室戸岬町1810-2
■開館時間/10:00~18:00(年中無休)
■入館料/無料
■館内施設/展示ルーム、ジオシアター、多目的ルーム、ジオカフェ、ジオショップ
→東部博パビリオンページはこちら

中岡慎太郎銅像

  • 明治維新の勤王の志士、海援隊長の坂本竜馬と共に活躍していましたが、慶応3年11つき5日(1867年)京都河原町の近江屋で、32才の誕生日を迎えた坂本竜馬と共に、刺客にあってたおれました。この時30才。この銅像は昭和10年安芸郡青年団が主体となって建てられたものです。

室戸岬灯台

  • レンズの大きさは直径2m60cmで日本一。銘じ2年4月1日初点灯、当時の工事費約2万円、白色回転10秒かんにせん光、光源、1kwレンズを通 すと190万カルデラ、光達距離約56km、ここからの眺望すばらしく雄大絶景です。

あこう林(天然記念物)

  • あこうは、亜熱帯植物で室戸岬一帯に自生し、タコの足のような気根を垂れ、岩肌を抱きしめて奇観を呈しています。遊歩道にはその特徴がよく見られ、天然記念物に指定されています。


室戸岬展望台「恋人の聖地」

  • 中岡慎太郎像の横から登ることのできる展望台です。室戸岬を見下ろし、晴れた日には遥か遠くに美しい地平線を見ることができます。
    室戸岬は「恋人の聖地」の認定を受けており、その銘板がこの展望台に設置されています。


  • 室戸岬観測所

    中央気象台大阪管区気象台所属、大正9年7月1日開始、昭和11年現在の鉄筋建となりました。昭和9年9月21日の室戸台風は912ミリバールの世界最大の台風で、一躍有名となりました。ここの屋上の眺望は雄大で素晴らしく、日本第二の気象レーダーとアンテナの白いドームが印象的です。

  • アロエ

    11月中旬から1月の中旬にかけて赤いハナを咲かせ、冬であることを忘れさせてくれる情緒を醸し出しています。

  • ハイビスカス通り

    室戸岬坂本バイパス。全長1.1kmにわたり7500本植栽されており、7月~12月中旬に真紅の花が見事に南国情緒をかもし出します。 ハイビスカスの北限が室戸岬だといわれています。

  • すもう場

    相撲が昔からさかんで、地元の子供は小さい頃から相撲に親しんでおり、子供相撲もさかんです。
    若松親方(元大関朝潮)も室戸出身です。

  • 野球場

    平成13年4月完成。春先のおだやかな気候はキャンプをするのに最適な環境です。
    四国アイランドリーグplusの試合が開催されています。ホテルより車で15分の位置にあります。ご送迎も致します。(要予約)



PAGETOP